フィッシュマンズ好きによる 親バカ日記

by monaty6453
 
<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 
ひと段落
今日で化学の二次試験対策の授業が終了。

なんとか乗り切ったというのが、本音です。

余裕がなかったので、シンプルかつ的確な授業をしてやれなかったのが心残り。

なんとか合格して欲しいなぁ。

特に広大を受ける二人には。

合格して西条に住むことになったら

僕が西条へ行ったときに飯ぐらいおごっちゃるよと

最後の授業で言ったんやけど

ほんまにそうなるとうれしいなぁ。
[PR]
by monaty6453 | 2010-02-23 02:33 |
 
そろそろ始動


Re-clammbon2 クラムボン



「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法 小林 公夫

なぜ日本人は学ばなくなったのか 齋藤 孝

白鯨 ハーマン・メルヴィル

生物と無生物のあいだ 福岡 伸一

シュタイナー入門 小杉 英了



種をいろいろネットで注文


「生物と無生物のあいだ」がぶち面白い。

白鯨は全然進まず。
[PR]
by monaty6453 | 2010-02-16 02:00 | 音・読
 
バレンタインデー
三十路ですが、やはりうれしいもんですね。

チョコをもらうと。



何個か生徒にいただきました。

今時の中高生は手作りのを作ってみんなにばらまくんやね~

もっと遅く生まれりゃ良かったよ。ほんと。



最近、子供達(特に中学生)の扱いがわかってきた。

「扱い」って言ったら語弊がありますが。。。。

接しているこのことを「好きだ」と思うことですね。

これに尽きる。
[PR]
by monaty6453 | 2010-02-16 01:50 |
 
教師とは。。。。
まだまだペーペーの身なんで、大きいことを言えんが、

最近強く思うこと

子供に教える者として

最低限必要なもの

学ぶということに対する哲学

切実に思うのですよ。

やる気のない子に勉強せいと強く言ってもしゃあないのです。

その子が学ぶことに価値を見出せないのならどうしようもない。

じゃあどうすればいいのって?

教える側が、学ぶということに対するしっかりとした価値観&哲学をもって子供たちに接さなければいけない。



同僚の人が言う。

そんなことしていたら事業として塾が成り立たない。

やってもないのにそんなこと言うなって

思っちゃう。



結局、農業と似ているなぁ

かなり漠然といしていますが

こうあるべきだなと思うスタイルは、どうやら現在の資本主義社会では

なかなか成しえる事が難しいようです。

というか

みんながそう思っている。

あるいは思わされている。



しかし打開点はそこにある気がしてならないのです。



意味わからん文章ですいません。
[PR]
by monaty6453 | 2010-02-16 01:43 |


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
関連リンク