フィッシュマンズ好きによる 親バカ日記

by monaty6453
 
タグ:子育て ( 64 ) タグの人気記事
 
休日。。。
c0050896_2145719.jpg

近所の公園にて

まったり子どもたちと鯉に餌やり

やらないけんことたくさんあるんやけどなあ

と思いつつ

子どもと過ごすのもええかなあと



ところで

今やらなあかんと思っていること(主に会社での仕事だな)は、

長いスパンでみたら

本当に世の中にとって必要なことなのか?



多くの人は

ただ単に

必要だと思い込まされているだけじゃねえか?

もしくは

自分の生活のためとかいって

やっている仕事の必要性を考えてないんじゃないか?

なんて最近思っちゃうんだなあ


ダメ社会人じゃなあ



そもそも必要不必要の基準もようわからんし…

支離滅裂な文章で申し訳ありません…
[PR]
by monaty6453 | 2011-09-04 21:45 | 日々思うこと
 
久々の洗濯物→生活の変化を思う
昨年末から洗濯物を部屋に干しっぱなしだったので、今日ついにたたみました。

今は嫁さん&草汰が実家にいるので、僕の洗濯物だけがローテーションするだけで、

嫁さんと草汰のものは干しっぱなしでした。。。。

草汰の布オムツを独りたたみながら思いました。

「すんごい久しぶりだぁ。懐かしい。」

無職やった夏場は、けっこうたたんでいたのになぁ。

おむつも良くかえていたのになぁ。

四六時中嫁さんと草汰と一緒やったなぁ。

今思えば貴重な時間でした。

会社で再び働き始めてからは、一日長くて2時間ほどしか草汰と絡んでいないです。

なんだか寂しいなぁ。


重松清の小説「流星ワゴン」(文庫版)の解説に下記のようなことが書いてありました。
(ちょっと長いけどタイピングの練習も兼ねて。。)

フランスの社会史家エリザベート・バタンテールは本の中で次のように説明している。19世紀半ばを過ぎて工業社会が実現すると、家庭は新しい相貌を帯び始めた。男性たちが一日中、工場、高山、オフィスなど家庭の外で働かなければならなくなった。都会に住む家族の父親と子供との接触は著しく減り、父親は子供の目には、なにかわけのわからない仕事をしている遠い存在になってしまった。(略)その50年後には、世界は、交流のまったくない異質な領域に二分された。母親が管理する家族という私的な領域と、男だけの国である公的な職業の領域である。日本でも事情はまったく同じである。ことに戦後の高度成長期以降、職場と家庭は完全に分断され、父と子の距離はどんどん離れていった。。。。。


これが良いことなのか悪いことなのかは別として(そんなん決めようがないですね)、

子供とたくさんの時間を過ごすということがすんごい幸せだなと感じてしまった僕としては、

どうにかしたいなぁと思ってしまう。


子供とたくさんの時間を過ごしたいということは、

僕が子供に対して一方的に思っていることであるので、子供からしたらうっとうしいかもしれない。

また、子供が幼い時期だから僕は幸せを感じるのかもしれない。大きくなったらわかんないかも(そりゃないと思うが)。

どういう家庭を築いていくのか、築いていきたいのか、自分のやりたいことと家庭との関係をどうするか

しっかり考えたいと思う今日この頃です。

ランキングに登録してみました。
気が向いたら一票入れて(クリックして)ください。
両方してもらえたらうれしいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
[PR]
by monaty6453 | 2008-01-16 20:36
 
天敵あらわる!!
c0050896_23551070.jpg

草汰が苦手なもの

掃除機の音と。。。

クラークスの靴底!!

なぜか見ただけで半泣きになります。

ほれほれと近付けると大泣きです。

だから写真の様に危険な場所に置けば安心です。

見た目悪いけどね。

ちなみに、僕のビルケンのサンダルの底でも泣きます。

どうやら、黒い靴底が嫌いなようです。
[PR]
by monaty6453 | 2007-07-26 23:55
 
餅を担ぎました。
c0050896_2263539.jpg

今日は草汰の一歳の誕生日だったので、

お餅を背にしょいました。

写真は歩いた後に、しょったままハイハイする後ろ姿です。

ケーキを食べ、プレゼントをもらい、終始上機嫌の草汰でした。
[PR]
by monaty6453 | 2007-07-24 22:06
 
あれからもう一年です
c0050896_22422213.jpg

早いもので、明日で草汰が一歳になります。

感慨深いです。

子の成長は、ほんまに早い、待ってくれない。

当たり前の話ですが、改めて実感している今日この頃です。



そして、

僕にとっては、改めて「生きる」ということを考えた一年だったような気がします。

妻子もちなんやから「もっと前から考えとけよ」と言われそうですけどね。。



あと、最近思うのは

大人になれば分かる、結婚すれば分かる、親になれば分かる

と良く言いますが、まさにその通りやなぁと。

でも逆に、

子供の時、独身の時の感覚は思い出せない。

しっかり日記を付けとけばよかったと思う今日この頃です。

でも、このブログがあるのがまだ救いなのかなぁ。

最初のころの書き込みを見ると、おもしろいです。



写真は、宮本武蔵よろしく二刀流の草汰です。

すくすく育っています。

とにかく良く動く。

マイペースで、頑固で、意地っ張りで、力強くて、食欲旺盛で。。。

いろいろ話を聞くとどうやら嫁さんに似ているようです。
[PR]
by monaty6453 | 2007-07-23 22:42
 
メタボちゃん。
c0050896_2319375.jpg

もうすぐ一歳になる草汰です。

最近は、下顎を出してイノキの顔をすることと、

自分の手でご飯を食べることが流行っています。

しかも、よく食べる。

だからお腹がこんなに出てきました。

大人やったら確実にメタボリックシンドロームですね。

写真は先日の友人宅でのお呼ばれのものです。

この日は手巻き寿司をご馳走になりました。

いつもいつもありがとうございます。

次こそは、おもてなしさせていただきます。

パエリヤでもつくります。
[PR]
by monaty6453 | 2007-07-12 23:19
 
躍動するハイハイ!!
c0050896_22232145.jpg

茨木のジャスコのキッズコーナーで遊ぶ草汰です。

タイの広々とした家から一転、

引っ越しの整理がままならない部屋で過ごす毎日。。

ひごろの鬱憤を晴らせとばかり、切味鋭いハイハイを見せていました。

なんにも遊び道具が無いキッズコーナーでしたが、子供たちはみな楽しそうでした。

「子供は十分な場所さえあれば、おもちゃなんていらないよね」

と嫁さんが言っていました。

確かにその通りやなと。

おもちゃ無しでも楽しそうにする子供たちを見て、

ものに溢れる今の社会に???ってな気持ちにさせられた一日でした。

与えすぎも良くない。

まさに「足るを知れ」ですね。

欲は際限が無いので、冷静に考えてみる必要がありますね。
[PR]
by monaty6453 | 2007-07-04 22:23
 
近頃の草汰。
タイに来て絶好調の草汰です。

タイの両親の住まいが広いこともあり、縦横無尽に駆け回っています。

やはり、たくさん動けると発育も良くなるんだなと実感しています。

急成長のおかげで、感情表現が豊かになりました。

人見知りもあまりしなくなりました。

逆に度が過ぎて、

初対面の人に対しても「かまってくれ」という仕草を凄くします。

特に若いお姉さんに対して。。。

c0050896_23595567.jpg


タイの人は赤ちゃんに対して、凄い親切です。やさしいです。

日本人よりも全然やさしさの表現が上手です。

それをいいことに草汰は、お姉さんにちやほやされて、

最近調子に乗ってきました。

ちなみに、同伴している僕もちやほやされている気分になり調子に乗っています。。

c0050896_002519.jpg


お姉さんに遊んでもらってご満悦の草汰です。

将来は僕と違い、ブイブイいわすようになるのでしょうか?

非常に楽しみです。
[PR]
by monaty6453 | 2007-06-21 00:14
 
ちびっこギャング
c0050896_23433582.jpg

我が家では、草汰のことをいろんな呼び方で呼んでいます。

ソウタ、ソウチャン、ソウチン、ソウチンチン、ソウタモリ、オウジ、などなど

中でも彼の最近の暴れっぷりから、近頃ちびっこギャングと呼ぶことが増えています。

今日もまた悪さをしていました。

家具の角の部分が危ないので、

保護するテープを買ってきて張ったのですが、

早速、はがして遊んでいます。

しまいには、テープにかぶりついて苦い顔をする始末。。。

まさにギャングです。
[PR]
by monaty6453 | 2007-05-23 23:43
 
血は譲れないですね。
c0050896_21102632.jpg

トマトにかぶりつく草汰です。

うちの嫁さんは

おじいさんがトマト農家だったこともあり、

筋金入りのトマト好きです。

かなりうるさいし、めちゃくちゃ食べます。



先日、僕が普段どおり、家のリビングで座ってトマトをまるかじりしていると

草汰が寄ってきて、僕の肩につかまり立ちして

ジッと見つめてきました。

そこで、トマトを差し出すと、

かぷっとかぶりついたのです。


その食べっぷりはすさまじく、

顔全体をトマトにうずめてまるまる1個食べてしまいました。

完食後、鼻、口、ほっぺ、あご、首、手、服。。。。

あらゆるところが真っ赤に染まりました。

改めて、嫁さんの子供なんだなと思いました。

ワイルドです。

でもうんこにトマトの皮が消化されずに残っていました。

食いっぷりは大人でも、

まだまだ赤ちゃんですな。

まだ0歳やし。
[PR]
by monaty6453 | 2007-05-21 21:10


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
関連リンク