フィッシュマンズ好きによる 親バカ日記

by monaty6453
 
タグ:新書 ( 4 ) タグの人気記事
 
Peter Fischli and David Weiss
知っていますか?

Peter Fischli and David Weiss

写真のことは良くわからんのですが

この人ら?の出した写真集

「Garten」

を持っているという同僚の先生に

「わしパソコン持ってないから、ネットで値段調べてみて」

と言われたので 、調べてみると

ななななんと

20万円以上の値段で売られているではありませんか!!

すんげぇなぁ

今日実物を見せてもらったんやけど

新書くらいの大きさのちゃちい本で

ひたすら畑の写真が写っていました。

ちょっとかわっているのは、枯れた草や腐っている野菜?なども写っているという点。

しかしなぁ

びっくりしました。



ちなみにこの同僚の先生

他にもレアな書物&レコードをたくさん持っているらしいです。

いろんな本を読んでらっしゃるので話が面白い。奥深い。

僕は養老さんが好きですといったら

池田清彦の「昆虫のパンセ」を進められました。

僕は本を読みながら気になるページをガンガンに折っていくのが好きなので、

借りるのは断りましたが、是非読んでみたい。

日高 敏隆もすすめられたなぁ。

個人的には遺作の「世界を、こんなふうに見てごらん」買って読もうかなと。。。。



そう言えば今読みかけの日高さんの本があった
「なぜ飼い犬に手をかまれるのか (PHPサイエンス・ワールド新書) 」です。

読み終わったらまた感想書きます。

岡本太郎の「美しく怒れ」とどちらが先に読み終わるかな?

気分屋なので自分にもわかりません。。。。
[PR]
by monaty6453 | 2011-09-23 00:48 | 音・読
 
ぜひ読んでくれ!!
c0050896_323842.jpg


環境を知るとはどういうことか (PHPサイエンス・ワールド新書)   養老 孟司 岸 由二


大輔、たつる

読んでないのなら

是非読んでくれ!!

自然と人との関わりについて、

いろんなことが書いてある。



行政を巻き込んでの自然保護活動については、わかりやすく岸さんの体験が書いているので

イメージしやすかった。

第6章では、僕が大学・大学院時代に

口永良部島で毎日のようにサザナミヤッコ&海を見ていたことの意義が

明確になってうれしかった。
[PR]
by monaty6453 | 2011-09-15 03:23 | 音・読
 
科学者という仕事 酒井邦嘉
c0050896_2205368.jpg

去年の五月ごろに買って一度読んだ本ですが、ふとまた読んでみたくなったので読みました。

この本を学生の時読んでいたらなぁと思った本でした。

アインシュタインを始めとして、国内外問わずたくさんの言葉を例に出し、科学者の心構えを説いています。

科学者に限らず、生きていく上でも大いに参考になることが多かったです。


印象に残ったのは、研究テーマの選択についての利根川進の言葉です。

「何をやるかより、何をやらないかが大切だ」とよく言っている
                 (中略)
独りの科学者の一生の研究時間なんてごく限られている。研究テーマを選んでいたら、本当に大切なことをやる暇がないうちに一生が終ってしまうんですよ。だから、自分はこれが本当に重要なことだと思う、これなら一生続けても悔いはないと思うことが見つかるまで研究を始めるなといっているんです。

確かに、
一度きりしかない短い人生、
自分がやりたいことをやりたいですな。



そして、うえの記載にに関連してもう一つ。

近年、学生は益々受身的になっているといわれる。先生から指示されるのをじっと待っていることが多く、自分で課題を見つけてそれを解決する力の不足が指摘されている。これは情報の洪水を泳ぎきるための「賢い」処世術なのかもしれないが、科学の研究では重い足かせになってしまう。

この間研究室にいった時、現役ドクターのた○るくんが言ってました。
最近は要領がいい学生が多いらしいです。

僕の学生時代は凄い要領が悪かったです。
かといって、解決する能力があったわけでもなく。
ひたすら、魚を観察していました。
気合でなんとかしてやる!!
と真剣に思っていて、ろくに頭を使っていなかったような。。。。

去年の夏に購入して、3月7日の新幹線内で読みきりました。
[PR]
by monaty6453 | 2007-03-10 22:00
 
適当論 高田純次
c0050896_23442725.jpg

出張中に滋賀県のコンビニで目に付いたので買いました。

大学の同期のて○がお勧めしていたので買うに至りました。

構成は①高田純次と精神科医の和田秀樹との対談②和田秀樹が高田純次の言動や行動を分析③高田純次の独白の3部からなってます。

もともと高田純次は好きなんですが、改めてその良さを再認識した一冊でした。

気になった部分は

「世の中って、俺より頭のいい人のほうが多いんだ」という高田純次の言葉に対し
「賢い人はいっぱいいるから、人の話を聞ければいい。」と思えれば、賢く生きられる。
と分析してはります。
ほんまその通りやと思います。


家族がありながら唐突に仕事を辞め、劇団に入った高田純次の行動について
「夢のために生活なんて犠牲にしてもいい、周りの人間を犠牲にしていい」と考えるような、自分に実生活の大変さを課すことのない人というのは、夢を実現させる現実的な手段を持ち合わせていないし、ちょっとした成功も望めないものです。だからその多くは夢をつかむことはないでしょう。「自分はミュージシャンになるのだ」とヒモになっている人は本当のプロのミュージシャンになった試しがないとよく言われます。夢を実現するには地に足のついた現実感が必要なのは確かなことです。

ヒモを例に出したのが分かりやすい。
こちらもかなり納得しました。


文章が読みやすく、文字も大きかったのでさくさくっと読みました。

納得する部分半分、ちょっとちゃうやろ?って思う部分半分ってな感じでした。

3月5日に購入、翌6日の新幹線内で読みきりました。
[PR]
by monaty6453 | 2007-03-09 23:44


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
関連リンク